睡眠時無呼吸症候群(SAS)ってどんな病気
 睡眠中に無呼吸や低呼吸を繰り返し、熟睡できずに日中の過度の眠気を来すだけではなく、夜間突然死などとの関連が指摘されています。健康と思われる成人の中にもSASの患者さんは数多く、人口の2~3%と推定されています。
 
症状
 呼吸が10秒以上止まっている(無呼吸)または、呼吸の大きさが著しく低下(低呼吸)します。習慣性の強いいびき、夜間にトイレに何度も起きる、起床時の頭痛や日中の眠気・倦怠感などが代表的な症状です。いずれかに心当たりのある方は検査をおすすめします。 
 SASは上記症状以外にも、肥満、高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病と密接な関係があり、様々な合併症を高率に発生させます。

診断
 SASが疑われた場合、まずはご自宅で簡易検査を行ないます。鼻カヌラと指にSPO2(酸素飽和度)を測定する器械を装着していただきます。その検査で異常値が出た場合には、睡眠時の脳波を含めた精密検査を行ないます。
 
治療
 軽症の場合は減量や生活習慣の改善などにより症状が改善する可能性があります。しかし、ある程度進んだ症状の患者さんは、ひどい眠気のため気力が低下し、減量や生活習慣の改善にもなかなか前向きになることが出来ません。こうした患者さんにはCPAPという装置を用いた治療が必要です。
 CPAPとは鼻に装着したマスクから空気を送り込み、一定以上の圧力を気道にかける装置です。それにより気道が広がり、いびきが無くなった結果、熟睡が可能となります。いびきが無くなったら、どうして熟睡できるのか?いびきにより息が止まったり(無呼吸)、息が小さく(低呼吸)なったの結果、血中の酸素飽和度が少なくなり、眠っている間に脳が酸欠に陥ります。そのために脳が眠れないのです。CPAPを装着することにより、いびきが減少し、眠っている間、脳に十分な酸素が回るように成るのです。それにより脳が休まる、つまり熟睡できるようになります。
 CPAP療法は夜間のイビキ・無呼吸を改善することによって、良眠が得られるばかりではなく、将来の高血圧や糖尿病、心筋梗塞や脳梗塞などの予防のほか、交通事故の防止にも役立ちます。特に睡眠時無呼吸患者の交通事故が現在問題になっており、十分な治療がなされいていない状況での交通事故は飲酒運転と同じ罰則が与えられるようになりました。
 しっかり治療して快適な生活をお送りください。
 急な病気などで来院できない場合を除き、保険診療でCPAP療法を行うには1回/月の通院が絶対条件のため、来院なければ治療継続ができませんので通院を忘れないようにしてください。